弘前ねぷたフォーラム秋が行われました。

アップルウェーブさんでその様子を編集してくださっています。こチラをクリックするとご覧になれます。

日 時:2021年11月11日(木)18:30~20:30
場 所:土手町コミュニティパーク 1F ホール
第 1 部テーマ 「今年の自主運行・展示等を来年のねぷたまつりに活かす」
今年自主運行や展示をした団体から、苦労した点や新たな発見などを発表してもらいました。
これらの経験を共有し来年のねぷた運行に活かそうということになりました。

第 2 部テーマ 「弘前ねぷた合同運行300年記念にできる自主活動を考える」
事前アンケートで20もの事業アイディアが集まりました。そのなかには継続して行えそうなもの、翌年行えそうなもの、5,000万円級の大事業などもありました。

アイディア一覧はこちら

直近で行う事業案として、「元旦ねぷた参拝」が紹介されました。
目的:
令和4年弘前ねぷた300年祭開催の当該年にあたり、当協議会にて元日にねぷた運行し、弘前総鎮守の弘前八幡宮へ成功祈願の参拝をします。これを皮切りに弘前ねぷた300年祭の機運を盛り上げ、弘前ねぷた300年祭を広く弘前市民へ告知することを目的とします。

実施日:
令和4年1月1日(土)AM10:00~
・集合場所 海洋センター駐車場

運行経路:
海洋センター駐車場→弘前八幡宮(成功祈願参拝)→海洋センター駐車場

運行形態:
(1)雪道を想定する。小型担ぎねぷた1台(2m)、手持ち各灯籠、お囃子(笛、尺六太鼓、法螺貝)
(2)弘前八幡宮への成功祈願参拝にともなうねぷた運行は、出発地点にて隊列を整えて運行開始する。
(3)元旦ねぷた事業へ遠方のため参画できない団体は、各団体の所在する地区にある神社等へ参拝してもらい、弘前ねぷた300年祭の成功祈願をしてもらい、広く300年祭を告知する。

予算案
御神酒 地酒2升、熨斗、協議会会長名 6,000円
賽銭 熨斗袋 協議会会長名 10,000円
参加者保険代 (30名で計算) 3,000円
謝礼 担ぎねぷた、太鼓、借用謝礼 5,000円

留意事項
協議会会員に、参加者を募る。30人予定。
雪道・低温が予想されるので、防寒をしっかりとする。半天着用。交通ルールの遵守。
必携品 運行責任者たすき、副運行責任者たすき、手持ち提灯、誘導棒、ホイッスル
中止条件 天候不順、新型コロナ感染爆発、参加者連絡先の把握